第11章 C言語の構造体 ~関連のある変数をまとめる~

休憩室

 今回習った構造体は、何もC言語だけのものではありません。 Visual Basicや、Delphiに代表されるPascal言語、その他多くのプログラム言語にも、 C言語の構造体に似た機能があります。

 次の3つの定義は、それぞれ言語は異なりますが、同じ意味になります。

  ①C言語の構造体の定義例:

  typedef struct {

    int  ID;

    char Name[40];

    char Address[60];

    long Phone;

  } PersonStrunct;

  ②Visual Basicのユーザ定義型の定義例:

  Type PersonRecord

    ID As Integer

    Name As String

    Address As String

    Phone As Long

  End Type

  ③Delphi(Pascal言語)のレコード型の定義例:

 

 TPerson = record

    ID: Integer;

    Name: String[40];

    Address: String[60];

    Phone: Longint;

  end;

 それぞれの違いが、わかりましたか?

 何も、C言語を習ってる最中の皆さんを、混乱させようとしているわけではありません。 ただ、言語が変わったところで、たいした違いがないと感じてくれたことだと思います。 Visual BasicやPascal言語にも、関数はあるし、配列もあります。 特にC言語とPascal言語は、かなり似ている言語仕様です。

 確かに、皆さんは今、C言語を学習しています。 しかし、本当は新人研修はC言語でもPascal言語でもC++言語でも、何でもよかったのです。

 理想を言えば、皆さんには特定の言語に縛られない、 汎用的なプログラミング能力を身につけて欲しいのです。 そのためには、コメントもきちんと付け、関数を使ったモジュール分けや構造体も使い、 きれいなプログラムを作るよう心がけることが大切です。 きれいなプログラムを作る要領は、どの言語を使っても不変のものですから。

< 前のページへ
お問い合わせ
  • ようかん
  • SG Labs(エスジー ラボ)
  • ITERACY
  • RiceLog(ライスログ)
  • Salesforce導入コンサルティング
  • SES営業向け用語講座

Pagetop