堅牢性を獲得する章

2.5. 配列フィールド定数

『目的』

定数として用意した配列は書きかえられないようにしましょう。

『Before』

定数はpublic static final宣言だからということでこのように書いてみます。

public static final int[] ARRAY_HOGE = {0, 1, 5, 10};

finalとしているので一見不変に思えるのですが、落とし穴があります。
長さがゼロ「ではない」配列は常に可変なのです。
final修飾子はあくまでも参照を不変にするのであって中身を不変とするわけではありません。

  ARRAY_HOGE[0] = 100;
  /* 以後、書き換えられたまま */
  System.out.println ("ARRAY_HOGE[0]=" + ARRAY_HOGE[0]);

定数が書き換えられてしまいます。
出力結果は0ではなく100ですね。

『After』

不変なリストを用意してみます。

/* 不変にした状態で外部に公開 */
public static final List<Integer> ARRAY_HOGE = 
    Collections.unmodifiableList(Arrays.asList(0, 1, 5, 10));

『まとめ』

書き方を改めることで「定数」となります。
final修飾子は参照を不変にするだけで内容までは不変にしてくれません。

< 前のページへ
お問い合わせ
  • ようかん
  • SG Labs(エスジー ラボ)
  • ITERACY
  • RiceLog(ライスログ)
  • Salesforce導入コンサルティング
  • SES営業向け用語講座

Pagetop