知っていると便利な章

4.1. コレクションフレームワーク

コレクションフレームワークはJavaに用意された強力な武器です。

コレクションとは複数の要素の集まりのことをいいます。 コレクションフレームワークはコレクションを操作したり管理するための統一的なアーキテクチャです。 インターフェースをベースとして設計されています。

利用すると、コレクションの操作に必要なコード量を減らすことができます。

リストの中身をソートします。

Collection.sort(v);

自然順序付けでソートしてくれます。 自分でソートのアルゴリズムを書かなくて済みます。

配列の中身を一括でコンソール出力します。

System.out.println(Arrays.asList(a));

見ての通り、ループで繰り返す必要がなくなります。

コレクションフレームワークには7つの基本インターフェースがあります。

それぞれに一長一短があって、それぞれ特徴があります。
関連するものを見ていきましょう。

4.2. Collection
4.3. Iterator』
4.4. List』
4.5. Set』
4.6. Map』
4.7. Queue』

< 前のページへ
お問い合わせ
  • ようかん
  • SG Labs(エスジー ラボ)
  • ITERACY
  • RiceLog(ライスログ)
  • Salesforce導入コンサルティング
  • SES営業向け用語講座

Pagetop