大きな安心感と最新技術につつまれ、
成長していけることを実感します

Akira.S
ソフトウェア第二事業部 通信制御グループ

入社して本当に実感した「いい会社だよ」という言葉。

パソコンに触るのが好きで大学の情報学部へ進み、「プログラミングの仕事がしたい!」と、ソフトウェア業界を中心に就職活動を行いました。エス・ジーとの出会いは、就活サイトでした。調べてみると、何人かの大学の先輩がエス・ジーで活躍されている事を知り、迷わず説明会に参加しました。その時に感じたとても楽しそうでフレンドリーな社風に魅力を感じ、先輩の「いい会社だよ」という言葉に押されて入社を決めました。
最初に担当した仕事は、ある有名な情報・通信企業でのPBXの開発でした。その会社に常駐しての仕事です。同期入社の仲間と仕事をする環境ではなかったので、チーム内のエス・ジーの上司、先輩がとても気を使ってくれました。新人ですから十分に仕事かこなせるわけではありません。そんな僕をフレンドリーにフォローしてくれて、あらためて「いい会社だ」ということを実感した新人時代でした。

技術革新が目の前に。いつまでも最先端に触れていたい。

僕は今もPBX系の開発を手掛けていて、クライアントの技術者と2人のチームで「古いネットワークを新規IPネットワークに換装するプロジェクト」に力を尽くしています。
この仕事では、時には自分がしたことのない経験、知らない知識を持った人と組んで、新しい技術をどんどん吸収しながら仕事をすることもあれば、自分が一番技術に詳しいというチーム構成で、先頭に立ってプロジェクトを進めることもあり、とてもアクティブな環境で自分を磨くことができるのです。
通信の技術は日進月歩。歩みを止めるとおいていかれます。日々勉強し、いつも最先端に触れていたいというのが、僕の望み。もっとも活発な市場の一つに関われることに、やりがいと楽しさを感じているのです。

ぜひ、僕に会いに来てください。

僕は今、メンター制度のもとで後輩に教えたりもします。後輩を見ていると、まるで自分の新人時代そのもの。教えていて「僕も同じところで苦労したなぁ」などと懐かしくなってしまいます。だから、教える方も”かゆいところに手が届くフォロー”ができるのです。情報系の大学で学び、プログラミングの仕事がしてみたいと思っているならば、ぜひエス・ジーの扉をたたいてください。

お問い合わせ
  • ようかん
  • SG Labs(エスジー ラボ)
  • ITERACY
  • RiceLog(ライスログ)
  • Salesforce導入コンサルティング
  • SES営業向け用語講座

Pagetop