成長への道は、技術者の数だけある

Shuji.M
ソフトウェア第四事業部 グループマネージャー

周囲と意思疎通をしチームを動かしていく。

現在、金融系のシステム開発にチームのリーダーとして関わっています。またマネージャーという立場から、他に2つのチームを管理・運営しています。技術力を発揮するだけでなく、チームをうまく走らせて、高い品質・生産性のプロジェクトに導くことが私の使命です。プロジェクトには色々な企業、人が参加しています。そして、それぞれがそれぞれの立場で色々なことを言う。時には無茶な話も出ます。それらに自分たちの意見をからませながら、最適な仕様にどう落とし込んでいくか──それがこの仕事の一番面白いところでしょうか。 プロジェクトをうまく進めるには、初期段階で様々な人と意思疎通をしてコンセンサスを得ておくことが大切です。言わば、気配りの世界ですね。
いま進んでいるプロジェクトのスタート時には1日中ずっと会議という日が続いたこともありましたが、それがスムーズにプロジェクトを進めるための提案に結びついたのです。

なりたい技術者になって欲しい。

現在エス・ジーでは、より高いところからプロジェクトを眺めてみたいという技術者が増え、若手を中心としたチームが次々と生まれようとしています。
スーパープログラマになることは、この上なく素晴らしいことです。しかし、コミュニケーション能力を駆使してプロジェクトをきちんと進めていける技術者になることも、素晴らしいキャリアプランの一つ。これからは私の経験を活かし、リーダーになりたいという人をうまくサポートしていければと思っています。

お問い合わせ
  • ようかん
  • SG Labs(エスジー ラボ)
  • ITERACY
  • RiceLog(ライスログ)
  • Salesforce導入コンサルティング
  • SES営業向け用語講座

Pagetop